CGを学んで映像制作の世界に飛び込んでみよう

映像制作の世界では、コンピューターグラフィックスをふんだんに使っていくのがブームになっています。洋画ではCGを使っていない作品を探すほうが難しいぐらいで、アニメも手書きからCGに移り変わっています。手描きアニメが産業として残っているのは、日本だけだとも言われています。日本でも映画やドラマ、バラエティ番組やCMにまでふんだんにCGは使われています。

実写映像と見分けがつかないぐらいクオリティが上がっているので、それと気付かずに見ている場合が多いのではないでしょうか。演出面では今後もCGの力を頼っていく流れに変わりはなさそうです。コンピューターグラフィックスを使うと、今までできなかった特殊効果を付与することができ、画面に迫力が出せます。メッセージを伝えるのにも便利ですから、CMなどではかなり高度な技術が使われています。

映像制作の世界はソフトが進化すると表現も進化していく傾向にあります。ソフトは高額ですが、購入して練習をしておくと、プロの現場で使える技術が身につくかもしれません。独学でもできないことはないのですが、コンピューターグラフィックス専門の学校に通うことでより効率的に学習を進めて行けます。就職がとてもしやすいのが映像制作業界の魅力の一つです。

人材はいつも不足しがちですから、スキルさえあれば経験などがなくても雇ってもらえる可能性が高いです。クリエイティブな仕事なので、飽きることなく続けられます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です