映像制作会社は誰にでも使える存在

映像制作会社は日本にたくさん存在しているので、誰でもさまざまな映像作品を作ってもらうことができます。多いものでいうと、結婚式のプロフィールビデオやオープニングビデオの作成依頼、企業活動における広報ビデオの作成依頼が挙げられるでしょう。このように、映像制作会社は団体ででも個人ででも使えるかなり便利な存在なのです。ビデオの質や長さによって料金はそれぞれ違います。

結婚式用のビデオであれば、テンプレートが決まっていて名前や素材を変更するだけでいいので、とても安い価格設定になっています。数分のビデオでも数千円から数万円というのが相場で、他のものに比べても安い値段であることが多いです。企業の広報ビデオも、テレビCMなら15秒で数千万もかかりますが、普通は数万から数十万程度で作ってもらえます。映像制作会社と一口に言っても、それぞれ何を得意としているのか違うために、自分たちが作ろうとしているビデオを得意としている会社を選ぶべきでしょう。

映画のような実写映像を専門に取り扱っている映像制作会社と、アニメや3DCGを取り扱っている映像制作会社とは、完全に別物だと思っておいた方がいいです。3DCGもレベルが上がってきていて、弱小会社であってもかなりハイレベルな作品を納品してもらえます。作成期間中に口を出していくこともできるので、まるで監督になった気分が味わえるでしょう。作った作品で営利活動を営んでもいいので、お金儲けを企てることも可能です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です