カメラ撮影での映像制作の練習術

報道や映像エンターテイメントの仕事に将来就くことを考えるのであれば、そのノウハウについて早いうちから修得できるよう取り組むことが大切です。学生の間からの取り組みが、その後の仕事の下地となります。映像制作の現場では、カメラを利用することが多々あります。そのため、常日頃からカメラを持ち歩いて、身の回りで起こった出来事をカメラ映像の記録として残す練習が役立ちます。

カメラで被写体を的確に捉えることは、実際には非常に難しい行為です。被写体を単にフレームに収めるというだけでは、意図していることを視聴者に伝達する事は難しいです。映像制作では、カメラマンによる表現力が重要なポイントです。どのように被写体を切り取るかによって、伝える情報の内容は大きく変わります。

映像制作のカメラマンに撮って必要な素質は、カメラ撮影の経験を積み重ねることで培うことが可能です。また、カメラを使って撮影した記録は、他人に見てもらい評価を受けることも必要です。映像制作は、視聴者あってこそ成り立つものです。そのため、視聴者の評価を確認してこそ、意図通りの撮影ができたかどうかが分かります。

身の回りにいる家族や友人に、カメラで撮影した映像記録を見てもらい、その感想を聞く活動も、映像の制作のための技術を高めるための重要な作業です。こうした経験を積み重ねているかどうかにより、映像制作の仕事に携わったときの技術力向上に大きな差が生じます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です