素人が映像制作においてそれなりの作品を作る方法

映像制作をうまく行うのはなかなか素人では難しいものです。しかし、それでも最近は高性能な撮影危機が比較的安値で手に入るため自分で映像制作を行ってネットにアップしている人も増えてきています。そこで素人でもそれなりの映像作品を作るためのコツをお教えしましょう。第一に映像制作において大切なのは画面の中で何が起こっているのかを見ている者にしっかりと理解してもらうことです。

そのために有効な手段がテロップです。要所に説明文を入れておけば今、画面上で何が起こっているかが分からないということはないはずです。次に映像面ですが、とにかく映像の情報量が多ければそれだけ画面の粗も目立ちますので本当に映したい部分だけをなるべくアップで撮影してください。しかし、それだけでは映像が単調すぎてメリハリがありませんので、逆に思いっきり遠方からの映像も撮ってください。

遠すぎて粗が見えないようにするのです。この遠景とアップを組み合わせて映像を繋げていきましょう。中間的な距離での撮影した映像は粗が目立つので使用は最低限にとどめておいた方がよいでしょう。さらに、効果的になのはBGMです。

なんでもないシーンでもBGMを流すことによって情感豊かなシーンへと変貌を遂げます。また、セピア色のフィルムを用いるのも、それが過去のシーンだと理解させるためには有効な手段です。他にも素人映像をそれらしく見せる方法は数多くあるので色々と研究をしてみてはいかがでしょうか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です